×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ケノン 効果なし

ケノンと効果なしと言う声について。ネット上で書かれているケノンに関する情報を集めてみました。ケノンが効果なしという理由はなにか?その理由を否定すべくケノンの本当の正しい使い方についてご説明させていただいています。

ケノンと効果なしと言う声について。ネット上で書かれているケノンに関する情報を集めてみました。ケノンが効果なしという理由はなにか?その理由を否定すべくケノンの本当の正しい使い方についてご説明させていただいています。

ケノンへの声

ネット上で多く展開されているケノンへの評価の声、口コミ、本当に様々な声がネット上にははびこっています。それらの情報を全部鵜呑みにするわけにはいきません。なぜならケノン本来の使い方をしていない可能性もあるのです。ケノンは正しく使ってこそその効果を発揮してくれます。正しい使い方をしらないと損をしてしまうことにもなりかねません。ですからケノンの正しい使い方を知っておく必要があるのです。

ケノンへの声で悪い評価の声を見かけることがあります。その声というのがケノンを使って火傷をしてしまったというもの。ケノンで火傷をするというのは肌に対して照射レベルが高すぎたということができるでしょう。どんな脱毛器でもレベルが強すぎれば火傷をおこしてしまいます。そうならないためにレベル調整をする必要があります。

ケノンははじめて使用する時はまずレベル1から。肌のどこかで一度試し打ちをしてみましょう。痛みがない、肌が赤くなったりヒリヒリしないというならレベルを上げます。これを繰り返して痛みのないレベルを探し出してそのレベルで照射をはじめます。そうすることで火傷をしてしまうということは少なくなるでしょう。

ケノンの良さ

ケノンは一般的な脱毛サロンで使用されているフラッシュ方式の脱毛器と基本的には同じ種類の光を採用しています。そのため、脱毛サロンの脱毛効果よりは劣りますが、何度も回数を重ねることで脱毛サロンと同等の効果を得られるようになっていきます。

ケノンで使われている光はIPL方式といって皮膚の奥まで浸透することができる光を採用しています。この光で肌の中にあるメラニン色素、黒い毛のメラニン色素に反応して熱を与えていきます。この熱が毛根まで到達し、根本的な脱毛を可能としていくのです。ですから毛が生えていない場合は脱毛効果を得ることができません。なぜならメラニン色素が無いからですね。

毛には毛周期というものがあります。毛の休止期には毛はまったく生えていないので脱毛しても効果を得ることはできません。全部の毛穴から一気に毛が生えてくるようなことはないので周期的に脱毛を続ける必要がでてきます。

ケノンは二週間に一回ほどの頻度での脱毛を推奨しています。これを長い間続けることで毛周期に限らず効果をだしていくことができるのです。

ケノン 効果なし © 2017